東洋埠頭が川崎支店火災で3.5億円の特損計上

東洋埠頭が川崎支店火災で3.5億円の特損計上

第1四半期は60%の減益、復旧費など調査続く

東洋埠頭が7月31日に発表した2020年3月期第1四半期(4~6月)連結決算によると、4月16日に川崎支店で発生した火災に関して3億5400万円の特別損失(火災による損失)を計上した。同社は19年3月期通期連結決算では「復旧に係る費用ならびに営業活動に及ぼす影響については現在調査中で合理的に見積もることは困難」としていた。

火災は4月16日午前0時ごろ川崎支店内のベルトコンベヤーで発生。火は隣接する出光興産グループのバイオマス発電事業会社「京浜バイオマスパワー」が操業する発電所の燃料棟に延焼し、倉庫約1万5000平方メートルなどを焼損したと伝えられる。なお今回の特損は東洋埠頭の施設について精査・計上したもの。

東洋埠頭では今事案の復旧費用や営業への影響について引き続き調査中としており、通期業績見通しには加味していない。修正の必要が生じた場合には速やかに開示する方針。火災損失の計上で当四半期業績は純利益が前年同期比60.7%減の1億8200万円と大幅な減益になっている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事