セイノーHDグループ、ビッグデータやAIなどの開発拠点を長崎に開設へ

セイノーHDグループ、ビッグデータやAIなどの開発拠点を長崎に開設へ

20年4月事業開始、持続可能な物流サービス構築目指す

セイノーホールディングス(HD)は8月7日、先進技術の「BRAIS(ブライス、ビッグデータとロボット、AI=人工知能=、IoT=モノのインターネット=、シェアリングの頭文字で構成)」を物流現場に生かすための開発拠点を長崎市内に設けると発表した。

深刻な人手不足を打開し、持続可能な物流サービスを構築するため、技術開発の取り組みを強化する。グループのセイノー情報サービス(岐阜県大垣市)の新たな事業所と位置付ける。

2020年4月をめどにデポをオープンした後、21年10月の事業開始に合わせて正式に拠点をオープンする予定。5年後に社員20人まで拡充する計画だ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

セイノーホールディングスカテゴリの最新記事