五輪開会式想定した交通対策テスト、8月25日夜に実施

五輪開会式想定した交通対策テスト、8月25日夜に実施

バス25台が隊列組み移動、新国立競技場周辺と選手村予定地付近で規制

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会などは8月25日、大会の開会式を想定した交通対策のテストを実施する。

選手の輸送を想定し、25台のバスが隊列を組んで都内の選手村予定地から建設中の新国立競技場周辺まで走行。テストを行う同日夜の間、同競技場周辺などで交通規制に踏み切る。無事に選手を送り届けられるかどうかを確認、課題を検証して本番に生かす。

テストを行う同日午後6時半ごろから10時半ごろにかけて、同競技場周辺で居住者ら以外の車両通り抜けをストップしたり、駐停車を禁じたりする。首都高の外苑出入口も上下線ともに一時、関係車両以外の利用を規制する。

併せて、選手村予定地付近でも午後6時から7時半ごろにかけて同様の交通規制を導入、首都高の晴海入口も同じく利用を規制する。

(藤原秀行)

※写真はイメージ

交通対策テストの資料はコチラから(全日本トラック協会ウェブサイトより)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

協会・団体カテゴリの最新記事