日本通運、日本発欧州向け複合一貫輸送サービスを開始

日本通運、日本発欧州向け複合一貫輸送サービスを開始

中欧間鉄道を活用、リードタイム短縮可能

日本通運は9月6日、中国・アモイを経由する日本発欧州向けの複合一貫輸送サービス「NEX OCEAN-SOLUTION CHINA LAND BRIDGE」の販売を9月1日に始めたと発表した。

東京や横浜などの国内主要港からアモイへの海上輸送と、アモイ~ポーランド・マワシビチェ、ドイツ・ハンブルクとデュイスブルクへの中欧間鉄道輸送を連動。輸送リードタイムは23~25日と設定している。

サービスの強みとして、全て海上輸送した場合の約40日からリードタイムを大幅に短縮できると説明。同社は「従来の日本発中国・大連系由のSEA & RAIL複合輸送サービスに比べ、リードタイムは約1週間短縮、輸送コストは約40%削減される」と解説している。

同社は2015年11月、中欧間越境鉄道輸送サービスを航空輸送と海上輸送の中間に位置する「第3の輸送モード」と位置付け、有力な輸送手段として確立。18年5月には中国欧州鉄道を利用した日本発欧州向けの複合一貫輸送サービスをスタートし、中国・大連または太倉経由のSEA & RAIL複合輸送を展開している。新たなルートを提供し、多様な輸送ニーズに対応する。


新サービスのルート(日本通運プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事