サッポログループがAI活用した商品需給計画システム導入、ロジ業務効率化促進

サッポログループがAI活用した商品需給計画システム導入、ロジ業務効率化促進

キヤノンITSと共同開発、ドライバー不足や業務属人化など課題解消図る

サッポロホールディングスは9月24日、AI(人工知能)を活用した商品需給計画システム「Supply Chain Planning(サプライチェーンプランニング)システム」を導入したと発表した。サッポロビール、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、サッポログループ物流の3社で今年8月に利用を開始した。

新システムはサッポログループとキヤノンITソリューションズが共同で標準業務を設計し、同社の「FOREMAST(フォーマスト)」を採用して開発。需要予測から生産計画、供給補充計画までをカバーし、ロジスティクス業務の効率化を推進。トラックドライバー不足や業務の属人化といった課題解消を図る。

今後は2020年上期をめどに、意思決定支援やデータの精度向上に関する機能もリリースし、システムと業務を一層高度化していきたい考え。

新システム活用で、市場の要求を先に把握する「計画主導型業務」へ移行して在庫の適正化を目指すほか、ロジスティクスを起点として需給調整による輸送の平準化、データ収集・加工・可視化などの自動化による意思決定を中心とした高度化業務への切り替え、グループ共通システムの構築によるシステム投資の効率性向上も実現できると見込む。


新システムの概要(サッポロホールディングス提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事