GROUND、トラスコ中山の埼玉・幸手センターに物流ロボットのバトラーを73台納入

GROUND、トラスコ中山の埼玉・幸手センターに物流ロボットのバトラーを73台納入

国内実績は4社・計約220台に拡大

物流業務効率化の新技術開発に取り組むスタートアップ企業のGROUND(東京)は10月1日、トラスコ中山が運営している物流施設「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)がGROUNDの取り扱っているGreyOrange(グレイオレンジ)製物流支援ロボット「Butler(バトラー)」を73台導入し、同日稼働をスタートしたと発表した。

GROUNDはグレイオレンジの販売代理店を務めており、GROUNDが導入をサポートしたバトラーは国内4社、計約220台に達した。

トラスコ中山が物流現場に投入したバトラーは、グレイオレンジが独自に開発したソフトウエア「GreyMatter(グレイマター)」とともに、専用ラックを複数配列させて保管効率を大幅に改善できるシステム「n-deep」を採用した世界初の運用モデルとなった。

「プラネット埼玉」は2018年10月にオープンし、約39万アイテムを在庫している。


プラネット埼玉で本格稼働するバトラー(GROUND提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事