東京海上日動火災、10月28日に「労災リスクマネジメント」でセミナー開催

東京海上日動火災、10月28日に「労災リスクマネジメント」でセミナー開催

法改正の動向を解説、具体的対策も指南

東京海上日動火災保険は10月28日午後2時半より、東京・丸の内の本社新館15階大会議室で、「労災リスクマネジメント」にフォーカスしたセミナーを開催する。

第1部は「対応しなければ間に合わない!心の労災リスクと最新の法改正の動向の実務ポイント」をテーマに設定。ブレインコンサルティングオフィスの北條孝枝氏(社会保険労務士、メンタルヘルス法務主任者)が講師として登壇し、リスクマネジメントの視点から、同一労働同一賃金など最近の法改正の動向と“心の労災”認定基準について解説するとともに、具体的な対応策をアドバイスする。

第2部は、東京海上日動調査サービスの江畑雅紀ロスプリ&テクロノジー戦略チーム技術課長代理が、物流・製造現場の労災事故をどうやって防ぐかを、人間工学や安全工学の観点から指南する。

定員は100人で、上限に達し次第、受け付けを終了する。参加は無料で事前の登録が必要。問い合わせ先は東京海上日動火災コマーシャル損害部LTSチームの篠田氏まで(電話03-3285-0378、FAX03-3285-0383)。

(藤原秀行)

参加申し込みフォームのダウンロードはコチラ→【ご案内書兼お申し込みフォーム】20191028労災セミナー

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事