メルマガの配信元アドレスが変更となりました

イオンリートがイオングループの物流施設説明

イオンリートがイオングループの物流施設説明

全国で50以上稼働、プロセスセンターなど5タイプ

 Jリートのイオンリート投資法人は9月19日開示した2018年7月期決算説明会資料の中で、スポンサーのイオングループが展開している物流施設の現状を解説した。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

 ショッピングセンターなどの店舗を支えるため、全国で50以上の物流施設が稼働しており、機能別に5つのタイプに分類。イオンリートはこのうち、生鮮食品の加工などを担う「PC(プロセスセンター)」、高回転商品を取り扱う「RDC(リージョナル・ディストリビューション・センター)」をポートフォリオに組み入れていることを明らかにした。

 イオングループの物流施設はこのほか、低回転商品を供給する「NDC(ナショナル・ディストリビューション・センター)」、大規模集約型の仕分けを実施する「NXD(ナショナル・クロスドック・センター)」、店別の仕分け機能などを有する「XD(クロスドック・センター)」に分かれている。

 イオンリートが保有しているのはPCが「ダイエー川崎プロセスセンター」(神奈川)と「ダイエー茨木プロセスセンター」(大阪)、RDCが「イオン南大阪RDC」(大阪)。)

(藤原秀行)

「ダイエー川崎プロセスセンター」の外観(イオンリート投資法人提供)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事