センコーGHDとランテック、タイで3温度帯の物流センター完成

センコーGHDとランテック、タイで3温度帯の物流センター完成

現地の外食チェーン向け、コールドチェーン拡充図る

センコーグループホールディングスは10月9日、グループで冷凍・冷蔵物流を手掛けるランテックと連携し、タイのバンコク近郊のサムトプラカーン県で開発を進めてきた3温度帯の物流センター「M-SENKOロジスティクスセンター」が同8日に完成したと発表した。

開発は両社とタイの外食チェーンMKレストラングループの合弁会社が手掛けてきた。平屋建てで倉庫部分の延べ床面積は2万1747平方メートル。自動倉庫や可動ラック、ドックレベラー5基、非常用電源を装備している。

バンコク市内から車で約28キロメートル、スワンナプール国際空港から約23キロメートルと交通の便にも強みを持つ。

MKレストランの店舗への食材供給に加え、同センターを軸にして他の外食店舗などのコールドチェーン需要に応えていくのが狙い。


新物流センターの外観(センコーグループホールディングスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事