【災害】各地のトラック協会、自治体要請受けた支援物資輸送を34件実施

【災害】各地のトラック協会、自治体要請受けた支援物資輸送を34件実施

協定に基づきブルーシートや食料、飲料水、段ボールベッドなど

台風19号の被害が広範囲に至っているのに伴い、各地のトラック協会が10月9日以降、自治体との輸送協定に基づいて地元の役所や避難所に支援物資を輸送し続けている。

国土交通省によると、15日までに計34件行った(国交省のカウント方法に準拠した)。輸送を担ったのは実施順に東京、千葉、和歌山、茨城、長野、宮城、岩手、新潟、埼玉、静岡、愛媛の各トラック協会。

取り扱った品目はブルーシートや食料、飲料水、段ボールベッド、毛布、簡易テント、土のう袋など多岐にわたっている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事