LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

野村不系Jリートと私募ファンドがESG配慮で高評価

野村不系Jリートと私募ファンドがESG配慮で高評価

物流施設など組み入れ

 野村不動産は9月20日、スポンサーを務めているJリート「野村不動産マスターファンド投資法人」(NMF)と、私募ファンド「野村不動産プライベート投資法人」(NPR)が、国際組織「グローバル不動産サステナビリティー・ベンチマーク」(GRESB)から、不動産運用におけるESG(環境・社会・ガバナンス)配慮で高評価を獲得したと発表した。

 NMFは「グローバル・セクター・リーダー」、NPRは「アジア・セクター・リーダー」にそれぞれ選出された。

 GRESBは不動産分野を対象に、不動産会社やリート、ファンドがどの程度ESGに配慮しているかを評価するため、欧州の年金基金などが中心となり2009年創設。18年の調査には世界903の不動産会社・ファンドが参加した。

 NMFは「上場・総合型」のセクターで世界29社中トップ、NPRも「非上場・総合型」のセクターでアジア9社中首位の評価を与えられた。

 NMFとNPRは野村不動産グループが開発したオフィスビルやマンション、商業施設、物流施設などを資産に組み入れており、野村不動産投資顧問が運用を担当。NMFの資産規模は今年4月時点で9559億円に上る。ESG配慮として、物件における省エネ促進、BCP対応推進などに取り組んでいる。

(藤原秀行)

GRESBのロゴ(野村不動産提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

野村不動産カテゴリの最新記事