越境ECのトレンドExpress、日本郵政キャピタルなどから7億円の資金調達

越境ECのトレンドExpress、日本郵政キャピタルなどから7億円の資金調達

中国のSNSからビッグデータ分析、日系企業の中国進出支援も

越境ECなどを手掛けるスタートアップ企業のトレンドExpress(東京)は10月29日、経営が軌道に乗り安定化した「シリーズB」として、ベンチャーキャピタル(VC)の日本郵政キャピタルなどから計7億円を資金調達すると発表した。

他に米系VCのDNX Venturesなどが参加している。トレンドExpressは調達資金の使途として「消費者ビッグデータをベースとした新規プロダクトの開発や人員強化、越境EC事業の加速、M&Aなどを推進する」と説明している。累計の資金調達額は12・8億円に達する。

同社は2015年設立。中国のSNSなどの口コミに関するビッグデータを分析して消費者のニーズを見い出し、日系企業の中国進出支援などを展開している。18年には日本商品を中国向けに販売するインターネット通販「越境EC X(クロス)」を始めた。今後は中国以外のアジア諸国への進出もサポートを検討していく予定。


トレンドExpressメンバー(同社提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事