五輪会場周辺で物流関係車両など優先利用可能な予約駐車場の実証実験へ

五輪会場周辺で物流関係車両など優先利用可能な予約駐車場の実証実験へ

国交省や都、組織委が渋滞抑制へ効果見極め

国土交通省と東京都、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は10月31日、大会期間中の交通円滑化に向け、会場周辺の時間貸し駐車場を物流関係車両などが優先して予約・利用できるようにする実証実験を11月13、14日の両日に実施すると発表した。

国立代々木競技場の周辺にあるタイムズ24の「タイムズ原宿第2」(11台)と三井不動産リアルティの「リパーク神南第4」(20台)を活用。予約専用駐車場に変更した上で、物流関係や事業関係、障害を持つ人の車両を対象に優先して予約を受け付け、利用状況の確認や運用方法の課題などを確認する。終日予約と時間帯ごとの予約の異なるパターンを設定する。

国交省などは「空いている駐車場を探して移動する『うろつき交通』による交通渋滞などが抑制できるかどうかを見極める」と説明している。

国交省などは今年8月にも同様の実験を実施している。今回は対象を物流関係車両などに絞り、平日に実施するほか、時間帯ごとに予約できるパターンも取り入れ、効果を検証する予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

協会・団体カテゴリの最新記事