LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

センコーがタイの航空・海上輸送会社を子会社化

センコーがタイの航空・海上輸送会社を子会社化

国際フォワーディング拡充、メコンの越境物流拡大も視野

 センコーは9月25日、タイの現地法人が同国で航空・海上輸送などを手掛けるベスト・グローバル・ロジスティクスを同月21日付で傘下に収めたと発表した。

 ベストグローバル社は欧州や南米などからの輸入と、オーストラリアや日本、韓国などへの輸出をメーンとしてフォワーディングサービスを展開している。

 センコーが2017年4月に同じくグループ企業化した、シンガポールで航空・海上輸送を担うスカイリフト社とも連携し、国際フォワーディング事業を拡充するのが狙い。

 株式取得の具体額などは開示していない。

 ベストグローバル社の顧客を中心に、タイ国内で冷凍・冷蔵サービスを提供するほか、タイ・メコン地域間の越境物流拡大も視野に入れている。

 センコーは今年7月、タイの外食大手と合弁で設立したM-センコーロジスティクスが冷凍・冷蔵物流をスタートし、19年にはバンコクで新たな3温度帯物流センターの稼働を計画するなど、国際物流事業の基盤強化に注力している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

センコーグループホールディングスカテゴリの最新記事