LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

商船三井とロールス・ロイス、船舶の障害物検知システム試験

商船三井とロールス・ロイス、船舶の障害物検知システム試験

「自律航行船」実現へ共同研究

 商船三井は9月26日、英国のロールス・ロイス・マリーンと共同で、障害物を検知するシステム「Intelligence Awareness System(IAS)」の実証実験を行ったと発表した。

 商船三井傘下のフェリーさんふらわあが瀬戸内海で運航しているフェリーにIASを搭載、効果をチェックした。

 IASは既存のレーダーなどに加えて新たなセンサーを活用、船の周辺に存在している別の船舶や障害物を検知し、操船中の船員へ速やかに情報を提供することを目指している。

 官民が実現へ取り組んでいる「自律航行船」の実現に向け、早期の実用化を図る。両社は実験を継続し、悪天候下での性能確認などを進める予定。

(藤原秀行)

IASを試験的に搭載したフェリー「さんふらわあ」(商船三井提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事