【動画】世界初の「スーツに見える作業着」、物流・運送業界で第1号の導入

【動画】世界初の「スーツに見える作業着」、物流・運送業界で第1号の導入

川崎のヨネヤマが配送ドライバーの制服に採用

オアシススタイルウエア(東京)は12月5日、同社が世界で初めて開発したスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」(WWS)を、物流・運送業界で初めて、食品資材卸のヨネヤマ(川崎市)が正式に導入したと発表した。

配送ドライバーの制服として12月1日から利用を始めた。ヨネヤマはWWS採用の理由として「生産から流通のトータルブランディングの他に、ユニフォーム効果によるリクルート効果、プロ意識の向上も期待できた」と説明している。

WWSはフォーマルな雰囲気を醸し出しつつ、防水や速乾、撥水、水洗い可といった現場向けの機能を備えている。2018年3月末の発売後、導入企業は330を超えている。



「ワークウェアスーツ」を着た作業の様子※クリックで拡大


「ワークウェアスーツ」の特徴紹介(いずれもオアシススタイルウエア提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事