パナソニック子会社のATOUN、近鉄系ベンチャー支援企業など3者に第三者割当増資

パナソニック子会社のATOUN、近鉄系ベンチャー支援企業など3者に第三者割当増資

1億円超、「パワードウェア」のラインアップ拡充図る

パナソニック子会社で作業時の負荷を軽減する着用型ロボット「パワードウェア」を手掛けるATOUN(アトウン、奈良市)は12月10日、近鉄グループホールディングス傘下でベンチャー支援を担う近鉄ベンチャーパートナーズ、南都銀行グループが設立したナント地域活力創造サポート投資事業有限責任組合、ハック大阪投資事業有限責任組合の3者を引き受け先とする第三者割当増資を同日行ったと発表した。

調達した資金は、パワードウェアの新機種開発に伴うラインアップ拡充に活用する計画。3者の具体的な出資額は開示していないが、合計で1億3000万円程度とみられる。

増資完了後の資本金は5億7700万円。出資比率はパナソニックが54.05%、三井物産が23.17%、近鉄ベンチャーパートナーズとナント地域活力創造サポート投資事業有限責任組合、ハック大阪投資事業有限責任組合がそれぞれ7.53%となる。


腕の動きを補助するATOUNのパワードウェア

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事