新型コロナウイルス感染症への対応について

20キログラム以上の物資をドローンが1キロメートル先へ自律飛行で輸送

20キログラム以上の物資をドローンが1キロメートル先へ自律飛行で輸送

陸自の演習で成功

東証1部上場でテレビ番組制作などの各種プロデュース・権利管理事業を手掛けるクリーク・アンド・リバー(C&R)は12月13日、ドローン(無人飛行機)開発のサイトテック(山梨県身延町)と組み、陸上自衛隊の大型ドローン演習に参加したと発表した。

サイトテック製のドローンを投入し、20キログラム以上の物資を1キロメートル先へ自律飛行で運び、指定したポイントで降ろした後、再び出発点へ戻ることに成功した。同種の実験に成功したのは国内でも例がないという。

他にも、300メートル先への有線ケーブル引きや、100メートル上空からのビラ配りなどにもトライした。C&Rとサイトテックは災害時のドローン活用につなげていきたい考え。


大型ドローン演習(C&Wプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事