メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トヨタ自動車、東海エリアで「引き取り物流」を20年9月開始

トヨタ自動車、東海エリアで「引き取り物流」を20年9月開始

サプライヤーを1台のトラックで回るミルクラン実施、九州と東北でも取り組み強化

トヨタ自動車は12月20日、トラックドライバー不足を踏まえた輸送効率化の一環として、東海エリアで部品の調達に「引き取り物流」を採用すると発表した。現在は部品のサプライヤーがそれぞれトラックを手配し、同社に納品しているが、2020年9月以降はトヨタが一括してトラックを確保した上で、1台でサプライヤーを回って部品を引き取る「ミルクラン方式」に変更する。

既に16年から九州エリア、18年から東北エリアでそれぞれ同様の引き取り物流を実施しており、約12%の輸送効率化を達成するとともに、輸送時のCO2排出量を従前比で約6%減らせたという。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

両エリアの実績を踏まえ、東海エリアでもトヨタが輸送計画の立案や実際のオペレーションを担当することで輸送距離縮減と積載率向上を図る。同社は東海エリアでの引き取り物流スタートに加え、九州と東北の両エリアでも取り組みを強化することで、さらに約8%の輸送効率向上と約8%のCO2排出量抑制が期待できると見込む。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事