新型コロナウイルス感染症への対応について

富士物流が神戸に新センター開設、中重量品貨物にも対応

富士物流が神戸に新センター開設、中重量品貨物にも対応

天井クレーン2・8トンを4基導入

富士物流は12月23日、神戸市で新たな物流拠点「西神物流センター」を開設、同日本格稼働を開始したと発表した。

同社親会社の三菱倉庫が開発した「西神配送センター2期棟」内の一部エリアを利用し、中重量品貨物の取り扱いに対応した天井クレーン2・8トンを4基導入している。西日本の配送センターとして位置付けている。

延べ床面積は8664平方メートル。神戸淡路鳴門道の布施畑ICに隣接しており、西日本一帯をカバーできる。


新センターが入る「西神配送センター2期棟」(左側、三菱倉庫プレスリリースより引用)


導入した天井クレーン(富士物流プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事