LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

日立など4社がマンション内宅配システム開発で協業

日立など4社がマンション内宅配システム開発で協業

配送ロボット活用で受け取り負担と再配達を削減

 インターホン最大手のアイホン、日立製作所、日立ビルシステム、宅配ボックス首位のフルタイムシステムは9月28日、配送ロボットを活用したマンション内宅配システムの共同開発を始めたと発表した。

 集合住宅に見られる特有の受け取り時負担、再配達問題の解消に向けて必要な技術開発や検証を行っていく。2021年度より新築マンション向けにサービスの提案・開始を目指す。

 マンションでは再配達削減の手法として宅配ボックスの導入・普及が進んでいるが、その一方でボックス内の荷物滞留による受け入れ容量の限界、重さによって居住者がエントランスから荷物を自宅まで運ぶことが負担になっているケースも発生している。

 4社はこうした背景・課題に着目。エントランス付近に設置する専用の受け付け・保管システム付きフルタイムロッカー(宅配ボックス)と配送ロボットで構成されるシステムを開発する。

 具体的には配達員が受け付けユニットへ荷物を入れると収納ユニットで一時保管し、着荷情報は居住者のスマートフォンに専用アプリで通知するほか住戸内インターホンの画面にも表示する。

 居住者が配達依頼を出すとロッカーから荷物を取り出し、配送ロボットが玄関まで荷物を運びインターホンで呼び出す仕組みだ。

 開発に当たってはフルタイムシステムが受け付けユニットと居住者用アプリ、アイホンが住戸内インターホンの表示・呼び出し機能、日立と日立ビルシステムが配送ロボットの制御システムを担当。このうち配送ロボットは工場などで実用化されている製品を活用する予定としている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事