新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】トヨタ、自動運転などの巨大実証都市を静岡・裾野に開設へ

【動画】トヨタ、自動運転などの巨大実証都市を静岡・裾野に開設へ

21年初頭に着工し最大70万平方メートル、幅広い企業や研究者の参画呼び掛け

トヨタ自動車は1月7日、自動運転などの先進技術を導入、実用化を図る実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」を開設する計画を発表した。

2020年末で閉鎖する予定のトヨタ自動車東日本東富士工場跡地に、最大175エーカー(約70万8000平方メートル)の都市を整備する。当初はトヨタの従業員ら約2000人が居住する見通し。

米ニューヨークの第2ワールドトレードセンターやグーグル新本社などを手掛けたデンマーク出身の著名な建築家でビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)のCEO(最高経営責任者)を務めるビャルケ・インゲルス氏が都市の設計を担当する。

都市の中を網目のように多くの道路が通ることを想定。道路は完全自動運転で廃棄物を出さない「ゼロエミッション」のモビリティーのみ通行する道、歩行者とゆっくり進む個人向けモビリティーが共存する道、歩行者専用の道の3種類に分類する。

トヨタグループが手掛けている商用EV(電気自動車)「e-Palette(イー・パレット)」を投入し、人の輸送や物の配達などに活用。住民は建物で室内用ロボットなどの新技術を検証する。他にも建物は木材を使用し、屋上に太陽光発電パネルを取り付けるなど、環境と調和した生活の確立を図る。トヨタ以外の企業や研究者にも広く参加を呼び掛ける予定。


「Woven City」のイメージ(トヨタ自動車提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事