トヨタ自動車と米スタートアップのジョビイ・アビエーション、「空飛ぶクルマ」実現へ協業

トヨタ自動車と米スタートアップのジョビイ・アビエーション、「空飛ぶクルマ」実現へ協業

創業以来の夢に挑戦、渋滞解消と過疎地域の移動手段確保目指す

トヨタ自動車は1月15日、電動垂直離発着機(eVTOL)の開発に取り組む米国のスタートアップ企業ジョビイ・アビエーションと「空飛ぶクルマ」の実現へ協業すると発表した。

ジョビイは2009年設立。将来は「空飛ぶタクシー」のサービス提供を目指している。トヨタが自動車事業で培ってきた「トヨタ生産方式(TPS)」などの技術とノウハウを生かし、新たなモビリティーを開発、都市部の渋滞解消や過疎地域の移動手段確保を目指す。

トヨタの豊田章男社長は「空のモビリティーは、未来のモビリティー社会における人々の移動と生活を大きく変革する可能性を秘めており、空のモビリティーの実用化はトヨタ創業以来の夢でもある。今回の協業により、陸だけでなく空にも、移動の自由と楽しさをお届けするモビリティーの実現に貢献できることをうれしく思っている」とのコメントを発表した。

協業に際し、トヨタはジョビイに3・94億ドル(約430億円)を出資。トヨタの友山茂樹副社長がジョビイの取締役に就くなど、連携の基盤を整備する。トヨタは「機体の詳細や生産計画など協業の具体的な取り組み内容については追って公表する予定」と説明している。

空飛ぶクルマは人や物の新たな輸送手段として注目されており、日本を含む世界各国で実用化に向けた開発が進められている。既存の航空機よりコストが少なく騒音を抑えられる上、離発着場所も小規模に収められるなどの利点がある。

米モルガン・スタンレーは40年に世界で市場規模が150兆円に達すると予測。日本でも官民が23年の事業開始、30年の本格普及を目指して取り組んでいる。


ジョビイのeVTOL(トヨタ自動車提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事