新型コロナウイルス感染症への対応について

PALTACの「RDC埼玉」、20年度第1四半期に稼働率が「第4段階」へ

PALTACの「RDC埼玉」、20年度第1四半期に稼働率が「第4段階」へ

年間換算出荷額950億~1000億円見込む

PALTACは1月29日に公表した2019年度第3四半期(4~12月)決算説明資料の中で、19年11月に埼玉県杉戸町で稼働を始めた最先端の物流拠点「RDC埼玉」の稼働状況を説明した。

「RDC埼玉」は4回に分けて稼働率を上昇させる計画となっており、現状では第2段階と解説。稼働率は55%で、出荷額は年間ベースに換算して650億円という。

今年3月までに「RDC関東」から業務を移管して第3段階へ、20年度第1四半期(4~6月)に「RDC横浜」から業務を移して第4段階へそれぞれ移る。第4段階は年間ベースに換算した出荷額が950億~1000億円に到達する見通し。

「RDC埼玉」はAI(人工知能)やロボットなどの先端技術を積極的に活用した物流システム「SPAID」を展開し、業務の省人化・効率化を徹底している。今後も自動車・省人化を推進する計画だ。


「RDC埼玉」の外観(PALTACプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事