新型コロナウイルス感染症への対応について

椿本チエイン、物流センター無人化支える世界最高水準のAI画像認識技術を開発

椿本チエイン、物流センター無人化支える世界最高水準のAI画像認識技術を開発

バーコードスキャンによる商品確認などの手間省略可能と期待

椿本チエインは3月3日、スタートアップ企業のEAGLYS(イーグリス、東京)と連携し、AI(人工知能)を駆使した世界最高水準の画像認識技術を開発したと発表した。

商品の画像を撮影し、正確かつ迅速に判別することでバーコードのスキャンなどの手間を省き、物流センターの無人化を支える要素技術としての活用を想定。顧客企業の物流現場で実証実験を行った上で実用化し、2021年度の販売開始を目指している。

両社は独自のAIアルゴリズムを構築し、商品認識において超高速(0.15秒以下)かつ高認識率(98.55%)、高正解率(99.99%)を達成したと説明。物流センターのほかにも、生産工場での多種のパーツ判別、農業の収穫物判断、建築用部材のピッキングアシストなどの用途にも投入できると見込む。


物流センター無人化のイメージ(椿本チエインプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事