新型コロナウイルス感染症への対応について

20年度の高速4車線化、15カ所110キロメートルの区間を候補に選定

20年度の高速4車線化、15カ所110キロメートルの区間を候補に選定

事業費7080億円、財政投融資活用

国土交通省は3月10日、高速道路の暫定2車線区間の4車線化について、2020年度に着手する候補として15カ所、約110キロメートルを新たに選定したと発表した。

対象は北海道の道東道(占冠IC~トマムIC)約19・9キロメートル、富山・岐阜県の東海北陸道(白川郷IC~五箇山IC)約10・1キロメートル、愛媛県の松山道(伊予IC~内子五十崎IC)約9・7キロメートルなど。

国交省は昨年9月に取りまとめた「高速道路における安全・安心基本計画」で、暫定2車線区間のうち課題が大きい箇所約880キロメートルを優先整備区間として選定、順次事業化する方針を打ち出している。今回の候補は財政投融資を活用し、事業費7080億円を投じて整備を進める。

併せて、新名神道の大津~城陽、八幡京田辺~高槻間の6車線化や圏央道(横浜湘南道路、高速横浜環状南線)の整備も推進する計画。


4車線化候補区間の概要(国交省資料より引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

4車線化対象区間の詳細はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

政策カテゴリの最新記事