新型コロナウイルス感染症への対応について

川崎近海汽船の新社長に川汽出身の久下専務が昇格へ

川崎近海汽船の新社長に川汽出身の久下専務が昇格へ

赤沼氏は代表権ある会長に、6月24日付

川崎近海汽船は3月27日、赤沼宏社長が代表権のある会長に就き、後任に親会社の川崎汽船出身の久下豊専務取締役(60)が昇格する人事を内定した。6月24日開催の定時株主総会と取締役会を経て正式に就任する。石井繁礼会長は特別顧問になる予定。

久下 豊氏(くげ・ゆたか)1983年神戸大法卒、川崎汽船入社。2015年川崎近海汽船に移り、同年取締役、17年6月より現職。兵庫県出身。


久下次期社長(川崎近海汽船ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事