新型コロナウイルス感染症への対応について

オープンロジ、クラウドベースのWMSで海外配送サポート開始

オープンロジ、クラウドベースのWMSで海外配送サポート開始

越境EC後押し

中小EC事業者らの物流業務を包括的に支援するオープンロジは3月27日、クラウドベースで利用可能なWMS(倉庫管理システム)「OPENLOGI Platform Connect」で、新たに海外配送のサポートを開始したと発表した。

オープンロジが連携している日本郵便やDHLエクスプレスなど国際物流を手掛ける配送会社5社を利用し、配送用送り状やインボイスの作成を自動化するほか、荷物引き渡しまでの管理も可能。さらに、重量サイズ計測や出荷引き渡しなどのリスト作成、返品処理なども実施する。

海外配送のノウハウがないEC事業者でも容易に越境ECを手掛けられるようにする。ヤフーやeBayなどの大手ECサイトとの連携にも対応している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事