メルマガの配信元アドレスが変更となりました

イグアス、電動フォーク用バッテリーのサブクスサービスを開始

イグアス、電動フォーク用バッテリーのサブクスサービスを開始

必要な期間のみ利用可能、コスト抑制サポート

IT機器販売などを手掛けるイグアス(川崎市)は4月24日、電動フォークリフト用バッテリーのサブスクリプションサービス「MOTTA-BSS」を始めると発表した。

イグアスが独自技術で再利用した鉛バッテリーを活用。ユーザーがバッテリーを購入せず、必要な期間のみ利用できるようにすることで、コスト抑制への貢献を目指す。

従来はフォークリフトのリース期間や機体寿命とバッテリーのサイクル寿命が合わなくても、バッテリーを購入せざるを得ないなどの課題が指摘されてきた。新サービスは1拠点で使われている複数の電動フォークリフトのバッテリー状態をまとめて管理する「拠点包括型」や、電動フォークリフトと合わせてリース・レンタルする「車体一体型」といったプランも準備し、ユーザーの多様なニーズに応えられるよう配慮している。


サービスの概要(イグアス提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

新サービスの概要はコチラから

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事