新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】東京の日通グループ会社と航空事業支店の営業所で感染者判明

【新型ウイルス】東京の日通グループ会社と航空事業支店の営業所で感染者判明

引っ越し作業助手のアルバイト従業員、協力会社スタッフ

日本通運は4月28日、同社の首都圏支店が管轄するグループ会社の日通東京西運輸・給田営業所(東京・世田谷区)で勤務していたアルバイト従業員1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

日通によると、当該従業員は引っ越し作業の助手を務めていた。顧客には濃厚接触者はいないという。4月20日が最終勤務日で、現在は自宅待機している。

日通はまた、航空事業支店管内の事業所(東京・大田区)でも、仕事をしていた協力会社の従業員1人が感染していることが分かったと発表。当該従業員は構内で荷物の仕分け作業に当たっており、顧客との接触はないという。

(藤原秀行)※写真は日通資料より引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事