新型コロナウイルス感染症への対応について

ZMP、工場や倉庫などで使える無人けん引車の2・5トンタイプを年内発売へ

ZMP、工場や倉庫などで使える無人けん引車の2・5トンタイプを年内発売へ

パレット搬送なとに活用可能

ZMPは6月24日、無人けん引車「CarriRoTractor(キャリロトラクター)」の新モデル「CarriRoTractor2.5T」を年内に発売すると発表した。

サイズは幅1・08メートル、高さ1・48メートル、奥行き1・8メートル。可搬重量は工場の建屋間の物資搬送や倉庫内のパレット搬送に最適な2・5トンと設定。屋内・屋外両方で使える。

あらかじめマップ上でルートを設定すると自動で走行できるため、搬送業務の省人化に貢献可能と見込む。


「CarriRoTractor2.5T」(ZMP提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事