新型コロナウイルス感染症への対応について

郵船ロジスティクス、子会社の郵船ロジテックを10月1日付で吸収合併

郵船ロジスティクス、子会社の郵船ロジテックを10月1日付で吸収合併

航空貨物のターミナル・輸配送業務を効率化

郵船ロジスティクスは6月29日、子会社で国内の航空貨物輸送業を手掛ける郵船ロジテック(千葉県芝山町)を10月1日で吸収合併すると発表した。

同社のターミナル業務と輸配送業務を郵船ロジスティクスの航空貨物部傘下に収め、航空貨物部が担う国際輸送と郵船ロジテックの国内輸送業務を一元管理し効率化。グループ経営の合理化と意思決定の迅速化を図る。倉庫業務の一部は中日本営業本部の管轄とし、国際輸送とのシナジーを追求する。

郵船ロジスティクスは今回の吸収合併で輸配送ネットワークの整備や輸送商品開発力の強化を目指し、日本における航空貨物事業のサービスを一層拡充させていく構えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事