新型コロナウイルス感染症への対応について

ファミリーマート、遠隔操作ロボでコンビニ店舗の検品・陳列に挑戦

ファミリーマート、遠隔操作ロボでコンビニ店舗の検品・陳列に挑戦

スタートアップ企業のテレイグジスタンスと連携、今夏めどに都内で実証実験開始へ

ファミリーマートは6月30日、ロボット開発を手掛けるスタートアップ企業のTelexistence(テレイグジスタンス、東京・西新橋)と連携し、コンビニ店舗での検品や商品陳列を遠隔操作ロボットで行うことを目指すと発表した。

テレイグジスタンス製のロボットを使い、今夏をめどに東京都内の店舗で実証実験を始める予定。ファミリーマートは実用化すれば担当者が離れた場所から複数の店舗で業務を進められるようになり、省人化につながると期待している。

業務効率化の効果と課題を見極めた上で、2022年までに最大20店舗へ遠隔操作ロボットを導入したい考えだ。


テレイグジスタンス製遠隔操作ロボット「MODEL H」。VR(仮想現実)端末などを使ってロボットを動かせる仕組み(同社提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事