新型コロナウイルス感染症への対応について

CBRE、不動産物件検索サイトに全国の大規模マルチテナント型物流施設372棟を掲載

CBRE、不動産物件検索サイトに全国の大規模マルチテナント型物流施設372棟を掲載

新たに免震の情報付加、23都道府県カバー

シービーアールイー(CBRE)は7月1日、不動産の物件検索サイト「PROPERTY SEARCH(プロパティサーチ)」で、全国の大規模マルチテナント型物流施設を掲載した独自地図「LOGIMAP 2020」を公開したと発表した。現物はA1以上のサイズの紙製地図。

同地図は2020年3月末時点で各社が公表しているデータを集計、全国23都道府県の372棟(首都圏・関西は延べ床面積が1万坪以上、それ以外のエリアは5000坪以上を対象)をプロットしている。エリアは「首都圏」と「関西および地方都市圏」で分類。20年度版の新たな試みとして、施設が免震構造を採用している場合は黄色で印を付け、すぐに分かるよう配慮している。

CBREは新型コロナウイルスの感染拡大でECの利用が増大していることなどから、中長期的には物流施設の需要が増加すると予想。同地図を全国の主要な物流施設を網羅的に把握するためのツールとして提供する。


地図の表面※クリックで拡大


地図の裏面(いずれもCBRE提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

CBREウェブサイトの専用フォームはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事