新型コロナウイルス感染症への対応について

トッパン・フォームズ、中部エリアの工場・物流施設再編し「名古屋センター」新設

トッパン・フォームズ、中部エリアの工場・物流施設再編し「名古屋センター」新設

プリント関連業務のアウトソーシング受託強化へ

トッパン・フォームズは6月15日、中部エリアの工場と物流施設を再編し、新たに「名古屋センター」(愛知県愛西市)を新設すると発表した。

グループのトッパン・フォームズ東海の名古屋工場(愛知県清須市)とトッパン・フォームズ・サービスの中部流通センター(同)の機能を新センターに移転・統合。都市近郊型アウトソーシングセンターとして機能させる計画。今年10月に新センターは延べ床面積1万3828平方メートル。今年10月に部分稼働、2021年1月に本格稼働をそれぞれ始める予定。

プリント関連業務の一括アウトソーシングのニーズが高まっているのに対応し、新センターを構えて、大規模な案件にも対応できる体制を整備し受託を強化したい考え。併設する中部流通センターが、昨年10月に立ち上げた袋井工場・袋井物流センター(静岡県袋井市)と連携し、生産・物流の効率向上や在庫管理の適正化を目指す。

併せて、全方位カメラ監視や非接触ICカード・生態認証による入退場管理、エリアごとの入室制限など先端技術を駆使してセキュリティー設備を増強、安全面でも差別化を図る。


名古屋センターの外観(トッパン・フォームズ プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事