新型コロナウイルス感染症への対応について

【九州豪雨】熊本と鹿児島の豪雨被災地対象、車検証の有効期間を延長

【九州豪雨】熊本と鹿児島の豪雨被災地対象、車検証の有効期間を延長

国交省、7月20日まで

国土交通省は7月6日、豪雨被害に見舞われている熊本と鹿児島の一部エリアを対象に、自動車検査証の有効期間を延長する特例措置を講じると発表した。

対象は熊本県の八代市、人吉市、水俣市、芦北町、球磨村など16自治体と鹿児島の阿久根市、出水市、伊佐市、長島町の4自治体に使用の本拠を置き、有効期間が7月4~19日までの自動車。7月20日までに継続検査を受ければ、引き続き自動車を利用できる。自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)についても同様の措置を行う。

国交省は「対象地域の状況などに応じて、有効期間の再延長などを検討する」と説明している。

(藤原秀行)

詳細はコチラから(国交省ウェブサイト)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事