新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウス工業、岩手・花巻で1・4万平方メートルの県内初マルチ型物流施設開発へ

大和ハウス工業、岩手・花巻で1・4万平方メートルの県内初マルチ型物流施設開発へ

地元市と災害発生時の協力協定締結、支援物資の一時保管など提供へ

大和ハウス工業は7月9日、岩手県花巻市でマルチテナント型物流施設「DPL岩手花巻」を開発すると発表した。併せて、大和ハウスと花巻市は「地震などの災害発生時における物資集積協力に関する協定」を締結した。

新施設は鉄骨造平屋建て、延べ床面積は1万3664平方メートル。同市では初のマルチテナント型物流施設となる。

最大4テナントが入居できる設計とする計画。約3000平方メートルの区画から利用可能。東北道の花巻ICから約1・2キロメートルで、釜石道や秋田道へのアクセスにも強みがある立地。岩手県内全域に加えて北東北エリアへの配送拠点として利用を想定している。

JR東北本線の花巻空港駅から約800メートル(徒歩10分)のため、労働力確保にも強みがあるとみている。

協定は、災害時に同施設を支援物資の一時保管や集積場所として提供することなどを盛り込んでいる。


「DPL岩手花巻」の完成イメージ


周辺地図※クリックで拡大(いずれも大和ハウス工業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事