新型コロナウイルス感染症への対応について

【豪雨】京都縦貫道の沓掛IC、7月13日午後3時に閉鎖解除へ

【豪雨】京都縦貫道の沓掛IC、7月13日午後3時に閉鎖解除へ

NEXCO西日本発表、のり面崩落の応急復旧進む

西日本高速道路(NEXCO西日本)は7月13日、大雨の影響でのり面が崩落したために閉鎖していた京都縦貫自動車道の沓掛ICランプ部(出入口)について、応急復旧作業が進み、同日午後3時に閉鎖を解除する見込みになったと発表した。

同ICは7月9日の朝から閉鎖していた。NEXCO西日本は「本復旧が完了するまでの間はお客さまの通行の安全を確保するため、これまでよりも少ない雨量で閉鎖を実施するので、最新の気象情報や道路交通情報を確認いただきたい」と説明している。


崩落後の様子


応急復旧の様子(いずれもNEXCO西日本プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事