新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】佐川の宅配便、6月の取扱個数は14・3%増と大きな伸び

【新型ウイルス】佐川の宅配便、6月の取扱個数は14・3%増と大きな伸び

コロナで通販利用拡大しBtoC増加、経済活動再開でBtoBも好調

SGホールディングスが7月31日発表した6月のデリバリー事業の取扱実績によると、飛脚宅配便は前年同月比14・3%増の1億1400万個だった。プラスは4カ月連続で、2桁の大きな伸びとなった。

前年より平日が2日多かったのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大でインターネット通販の利用が拡大していることにより、BtoCの需要が増加したのが追い風となった。BtoBも政府の緊急事態宣言解除後、経済活動が再開されたことで、5月までの不振から抜け出して好調だったようだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事