新型コロナウイルス感染症への対応について

KDDIとJAL、JR東日本、ウェザーニューズ、テラドローンが東京都内でドローン物流の実証実験へ

KDDIとJAL、JR東日本、ウェザーニューズ、テラドローンが東京都内でドローン物流の実証実験へ

医薬品配送や食料品宅配など想定、21年度実施予定

ドローン(無人飛行機)の産業利用促進を手掛けるテラドローンは8月31日、KDDIや日本航空(JAL)、JR東日本、ウェザーニューズと連携し、ドローンを使った物流の実証実験を行うと発表した。

東京都が公募した「ドローンを活用した物流サービス等のビジネスモデル構築に関するプロジェクト」で採択された。期間は今年8月から2022年3月まで。ドローンを薬局や病院など向けの医薬品配送、駅周辺施設での食料品宅配、警備などに活用することを検討。21年度に都内で実証実験を行い、運用面の課題などを精査する予定。

医薬品の配送は緊急時や災害時にメディセオの拠点から東京・築地の聖路加国際病院へ医療用医薬品をドローンで届けることを計画している。JR東日本の協力を得て、駅前や周辺施設での宅配の実証実験も準備を進める。

各社はテラドローンの航空管制システムに加え、KDDIの高速携帯電話通信網などのインフラと、JALの安全運行やウェザーニューズの気象予測といった多様なノウハウを組み合わせ、人口が多い都市部でも安全にドローンを飛ばして物流などのサービスを展開、収益性も確保できるようにしたい考えだ。


実験のイメージ


各社の役割分担(いずれもテラドローン提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事