新型コロナウイルス感染症への対応について

オーストリアのAGILOX、自律型カウンターバランス式フォークを開発

オーストリアのAGILOX、自律型カウンターバランス式フォークを開発

最大1500キログラムの荷役台持ち上げ、充電3分で最長1時間動作可能

オーストリアのAGILOX(アジロックス)は9月16日、自律型のカウンターバランス式全方位走行フォークリフト「OCF」を開発、倉庫内搬送機分野に本格参入すると発表した。近く量産を始め、2021年第1半期に納入をスタートする計画。

平パレットやメッシュパレットなど最大重量1500キログラムの荷役台を持ち上げ、指定場所まで搬送できる。荷物は最高1600ミリメールまで揚げることが可能。

狭い通路でもスムーズに移動。リチウムイオンバッテリーを活用しており3分間の充電で最長1時間動作できるよう設計している。WMS(庫内管理システム)との連携にも対応している上、同社が先に発売したAGV(無人搬送ロボット)「ONE」と連動させることも想定している。


「OCF」(アジロックス資料より引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事