メルマガの配信元アドレスが変更となりました

長崎県五島市でドローンの処方薬輸送を実験へ

長崎県五島市でドローンの処方薬輸送を実験へ

国交省「スマートアイランド実証調査事業」推進

長崎県五島市は9月23日、国土交通省の「スマートアイランド実証調査事業」の一環として、遠隔医療と組み合わせたドローン(無人飛行機)による処方薬などの輸送実験を行うと発表した。

同市と五島市民電力、双日、ANAホールディングス、NTTドコモ九州支社、長崎大大学院医歯薬学総合研究科、公益財団法人ながさき地域政策研究所が2020年度のスマートアイランド推進実証調査業務に関して協定を締結。ドローン輸送のほか、スマート水道メーターを導入して人手を要さずに利用データなどを取得することなどを実証する。

ドローン輸送は66世帯・107人が暮らす嵯峨島の出張診療所から住民がアバターロボットおよびタブレット端末を使い、福江島の医療機関を遠隔受診するとともに、ドローンなどで検体や処方薬を島間輸送することを想定している。アバターロボットはavatarinが手掛ける製品を利用する。

嵯峨島では週1回、水曜午後に福江島在住の医師が出張診療に訪れているが、悪天候の場合は訪問できないという制約があった。本土と直接結ぶ交通手段が存在しない「二次離島」に住みながら、より安定的に遠隔で診療を受け、ドローンや船舶などで処方薬を確実に受け取ることができる非接触型の新たな離島医療モデルを実証的に実現し、社会実装のための課題を検証する予定。


ドローン輸送のイメージ(五島市提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事