LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

UPS日本法人社長にダリル・テイ氏

UPS日本法人社長にダリル・テイ氏

ベトナムのマネージング・ディレクターなど歴任

 UPSは10月30日、日本法人「UPSジャパン」の社長にダリル・テイ氏が就任したと発表した。

 同氏はアジア太平洋地域で営業や事業戦略、マーケティングなどを担当。2010年にUPS中国でマーケティング・ディレクターを務めた。直近はUPSベトナムの代表(マネージング・ディレクター)。UPS勤続は18年に及ぶ。

 前任の梅野正人氏はUPSアジア太平洋地域南アジア地区の通関部門ディレクターに就任。テイ氏はUPSサプライチェーン・ソリューション・ジャパンの社長を兼務する。

 テイ氏は「日本企業はアジア、特に東南アジアで事業を拡大しており、日本市場はUPSにとって優れた成長ポテンシャルを示している。日本のお客さまと協力しながら、お客さまのビジネスの競争優位性をさらに高める新しい機会やサービスを見つけていくことを楽しみにしている」との談話を発表した。

(藤原秀行)


ダリル・テイ新社長(UPSジャパン提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事