メルマガの配信元アドレスが変更となりました

商船三井、スタートアップ企業投資のCVCを設立へ

商船三井、スタートアップ企業投資のCVCを設立へ

出資枠40億円、海上輸送や物流などの分野対象

商船三井は1月21日、スタートアップ企業に投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「MOL PLUS(エムオーエル・プラス)」を5月に設立すると発表した。

出資枠は40億円と設定。国内外で海運業のビジネスモデル変革につながったり、新規事業創出につながったりすることが期待できるアーリー(起業直後)、ミドル(成長期)ステージのスタートアップ企業をメーンに、幅広く投資を行う計画。

特に、海上輸送や物流などが出資先の軸になる見込み。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事