メルマガの配信元アドレスが変更となりました

メルカリ、物流サービスの企画・開発・運営担う子会社「メルロジ」設立

メルカリ、物流サービスの企画・開発・運営担う子会社「メルロジ」設立

膨大な取引データ踏まえ荷量多い場所特定、集荷精度向上図る

フリーマーケットアプリ大手のメルカリは10月28日、物流サービスの企画・開発・運営を行う100%子会社「メルロジ」を同日付で設立したと発表した。

フリマアプリの利用が順調に伸び、出品した商品の発送量が増加しているのに伴い、郵便局やコンビニエンスストアなどでの発送・集荷時のオペレーション負荷が高まっているのに対応する。

新会社はメルカリが持つ月間利用者2000万人という国内有数の膨大な取引データを基に、より荷量が多い場所を特定。集荷の精度を上げて効率的な集荷物流網の構築を目指す。

併せて、全国約1000カ所に設けている「メルカリポスト」や11カ所のリアル店舗「メルカリステーション」などを活用。メルカリポストは2024年までに全国8000カ所に拡大し、メルカリステーションと合わせてフリマユーザーとの接点(タッチポイント)として運用、集荷効率の最大化を図る。梱包レス発送などのサービスも拡大してフリマの利便性を高め、利用をさらに促進していきたい考え。

さらに、集荷物流網で繰り返し利用することを前提とした梱包発送資材の導入を検討するなど、配送過程の環境負荷低減にも取り組む。売れた商品を持ち込むだけで発送が完了する梱包レス発送や、発送前の商品のクリーニング、リペアといった付加価値サービスにも注力していく方針。

中長期的にはメルカリグループ内の物流領域のさらなる効率化や自社集荷物流網の開放も視野に入れている。グループ会社のソウゾウが展開するeコマースプラットフォーム「メルカリShops」の出店者向けに、出品・梱包・発送代行を担うサービスを提供し、メルカリグループの他事業とのシナジー創出を目指す。

メルロジの集荷物流網をグループ外にも広く開放し、メルカリポストを活用した他社ECの商品返品などの発送に対応。メルカリグループ以外のサービスを使ったネットショップ出店者にも保管・発送サービスを提供することを想定している。


メルロジが担う事業のイメージ(メルカリプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事