新型コロナウイルス感染症への対応について

丸紅、タイヤの摩耗自動計測技術開発の米スタートアップ企業と業務提携

丸紅、タイヤの摩耗自動計測技術開発の米スタートアップ企業と業務提携

2年以内に日本でサービス提供開始目指す

丸紅は10月15日、タイヤの摩耗度合いを自動的に計測する技術の開発を手掛ける米国のスタートアップ企業Tyrata(タイラタ、ノースカロライナ州)と9月に業務提携したと発表した。

タイラタは米デューク大発で2017年に設立。専用機材の上にタイヤを乗せると独自に開発したセンサーとアルゴリズムを活用してデータを計測する。

丸紅は専用機材を日本へ導入し、物流企業との実証実験を通じ、タイヤ関連のコスト削減効果などを検証。2年以内にサービス提供を開始したい考えだ。日本国内で本格的に事業展開する際は、丸紅がタイラタと独占代理店契約を結ぶ予定。

丸紅は自動運転の普及に伴い、車両のメンテナンスも自動化が求められるようになると予測。タイラタの技術は十分ニーズがあるとみている。


専用の計測器材(丸紅プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事