新型コロナウイルス感染症への対応について

ローランド・ベルガーとABEJA、AI活用したアパレルの需要予測普及へ業務提携

ローランド・ベルガーとABEJA、AI活用したアパレルの需要予測普及へ業務提携

「商品作り過ぎ」「在庫過多」解決への貢献目指す

欧州系経営コンサルティングのローランド・ベルガー日本法人とAI(人工知能)を活用したソリューション開発を手掛けるスタートアップ企業のABEJA(アベジャ、東京都港区 )は10月28日、AIを生かしたアパレル領域の需要予測普及へ業務提携したと発表した。

ローランド・ベルガーが商品仕入れを担うMD(マーチャンダイジング)業務の現状分析・課題抽出を、ABEJAがデータ分析と予測モデル開発をそれぞれ担当。アパレル業界向けに機械学習モデルを利用した「需要予測コンサルティング」を包括的に提供する。

両社のノウハウや知見を組み合わせ、かねて指摘されているアパレル業界の商品作り過ぎや在庫過多の問題解決に貢献していきたい考えだ。


「需要予測コンサルティングパッケージ」の概要(両社提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)※写真は両社提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事