新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ANAグループ、22年度の新卒採用を例年の1割以下へ大幅抑制

【新型ウイルス】ANAグループ、22年度の新卒採用を例年の1割以下へ大幅抑制

コロナ禍で経営環境厳しく、パイロットなど一部職種の200人規模を計画

ANAホールディングス(HD)は11月17日、グループ全体で2022年度入社の新卒採用者数を大幅に抑制すると発表した。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で旅客輸送需要が激減、経営環境が厳しいことを踏まえ、募集はパイロットや障害を持つ人ら一部の職種に絞り、客室乗務員や空港の地上職員らは見送る。ANAHDが新卒採用を前年から減らすのは2年連続となる。

21年度入社は約700人が確定したが、22年度はさらに200人規模まで減らす計画という。20年度までは毎年3000人程度だったため、22年度は例年の1割以下となる。

ANAHDは21年3月期の連結業績が純損益で過去最大となる5100億円の赤字を見込んでいる。同社は「新卒に限らず、中途採用や総合職のジョブ型採用など、新しい採用の形も検討している」と説明している。

(藤原秀行)

災害/不祥事カテゴリの最新記事