メルマガの配信元アドレスが変更となりました

テラドローンとJAL、JAXAが兵庫県養父市でドローン用いた物資輸送実験を公開

テラドローンとJAL、JAXAが兵庫県養父市でドローン用いた物資輸送実験を公開

有人機との同時飛行時の運用手順も確認

テラドローンは12月1日、日本航空(JAL)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携し、兵庫県養父市でドローン(無人飛行機)を用いた物資輸送の公開実験を行ったと発表した。

滑走路を使わず少ないエネルギーで長距離飛行が可能な小型固定翼ドローンを投入。災害応援支援物資を運ぶとともに、JAXAの協力を得て災害時にドローンと有人飛行機が双方の位置情報を共有、衝突を回避する運用手順が有効かどうかも確認した。

公開実験は11月に実施。飛行したのは約5キロメートルで、包帯や市販薬、模擬のアンプルなどをドローンに積んで運んだ。テラドローンは実験の成果と課題と踏まえ、ドローンによる物流サービスの運用実用化を目指すとともに、ドローンと有人飛行機の情報共有システムの確立も図る。


今年1月に公表した固定翼ドローンのイメージ(テラドローン提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事