メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JAXAとヤマト、空の新たな輸送モード確立でタッグ

JAXAとヤマト、空の新たな輸送モード確立でタッグ

物流向け電動垂直離着陸機などに使える大型貨物ユニットの空力形状開発

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とヤマトホールディングス(HD)は12月18日、空の新たな輸送モード確立へ連携すると発表した。

物流向け電動垂直離着陸機(物流eVTOL)への装着とトラックなど地上輸送手段への搭載の両方が可能な大型貨物ユニット「PUPA(ピューパ)8801」の空力形状を開発した。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

空力形状は空気抵抗を減らすなど、物体を輸送する上で最適な形状を指す。空と陸の輸送の両方に共通して使えるようにし、業務の大幅な効率化を目指す。物流eVTOLの実用化も後押しする。

JAXAの空気抵抗などに関する高度な解析技術とヤマトHDが蓄積してきた豊富な物流のノウハウを組み合わせ、2020年代前半までにサービスを導入したい考え。


大型貨物ユニットの使用イメージ(両者プレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

詳細はコチラから(両者プレスリリース)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事